– 自然に添うか考える –

“自然”

山川 草木 海
文化 歴史

精神 自由
時間

“これが自然である”という理屈に向き合うと
かえって不自然に感じられることがある

ありのままを受け入れる
ということが
より純粋な自然に近いのかもしれない

だから考えること自体
それは遠ざかっていくようにも思える

それでもそんな気まぐれな道標に向かって
考えることを諦めない

– 生むこと 営むこと –

《生む=生産すること》は 価値を創造すること
《営む=生活すること・経営すること》は 維持すること

– 建 築 –

常識にとらわれず
必要枠の中で 価値を創造し 維持していく

それらを”カタチ”にする
パートナーとなれればと思っています

3 ° A R C H I T E C T U R E
  サンドアーキテクチャー建築デザイン事務所  

渡 辺 一 輝
K A Z U K I   W A T A N A B E
 一 級 建 築 士

– 2010
名古屋市立大学大学院芸術工学研究科 修了
2010 –
L E V E L A R C H I T E C T S 勤務
のるすく一級建築士事務所 勤務
2015 –
3 ° A R C H I T E C T U R E 設立
2016 –
日本デザイナー学院 講師
2020
二子玉川に事務所を移転
2021
日建学院 講師